3歳児パパが解決|ご飯を食べない時どうする?

生活

どうも、みぃぱぱです。本日は2歳〜3歳の
お子さんを持つパパママが悩んでいるでしょう、
「食べたくない!」という食事のシーン。
大変ですよね。わかります。

わたくし、みぃぱぱはどんな方法で
日々の食生活を安泰に過ごせているかを
少しご共有させて頂きます。

みぃパパ
みぃパパ

わたしのプチ自己紹介
3歳の元気すぎる娘と仲良く過ごす
30代前半の普通のサラリーマン。
最近の趣味はサウナと動画編集。
始めたてのブログですが、
パパならではの育児あるあるや
ちょっとしたアイデアを書いてます!

子どもがスムーズにごはんを食べてくれる方法をまとめてみた

はい、という事で今回は3つの方法で
あなたのお悩みを解決します!
具体的な方法の前にまずは当たり前の事ですが
3つの環境整備から入りましょう。

❶周辺の準備 ◾️テレビは気が散らないように消そう
 ◾️テーブルの上に関係ないものは無くそう
❷心の準備 ◾️「もうすぐご飯ができるよ」と言おう
 ◾️「ママが一生懸命作ってるね」と
   事前に料理風景を見せましょう。
❸腹の準備 ◾️ご飯の前はおもちゃ遊びよりも
  体を使った遊びをしましょう。
 ◾️直前のお菓子はやめましょう。

以上の条件が揃ったら準備万端です。各シーンの
お悩み毎に我が家の解決策を伝授します。

STEP❶「椅子に座りたくない!まだ遊びたい」そんな時、どうする?

「椅子に座る」
大人にとっては息を吸うように当たり前の
スキルですよね。目を瞑ってもできます。

しかしながら、遊び盛りの小さなお子さんに
とってジッと座る事は時間が勿体無い!まだ
遊びたい!という思いになってしまいます。

であれば「椅子に座る事」=「エンタメ」
にしてしまえばいいんです。逆転の発想。

方法は簡単。以下手順で準備してください。

①お子さんが好きなシールを準備
②椅子の足を置く位置に2枚シールを貼る
③「シールに足をのせてみよう」と誘う。
④足を乗せた瞬間に「ありがとう!」と喋る

これで準備完了です。①②はできれば
お子さんと一緒にやると効果が倍増します。
④はシールになりきると間違いなく喜びます。


STEP❷ 「座ってくれたけど食べてくれない!」そんな時、どうする?

見事座ってくれた方おめでとうございます。
拍手を送りたいですが、問題はここから。

「わたし、食べたくありません」と言わん
ばかりのダンマリ、経験ありませんか。
まるでミシュランの審査員かのような視線。

好き嫌い?気分なのかよくわかりませんが
食べて欲しいですよね。そんな時は
「食べ物を演じる」これに限ります。

方法は簡単。以下手順で進めてください。

①野菜をパパがフォークでつかむ。
②パパが野菜と会話する。
 L(例:〜ちゃん食べてくれないよ)
③パパの裏声で野菜に喋らせる。
 L(例:〜に食べてもらいたいな♪)
④お子さんの口へ野菜を運ぶ。
 L(効果音付き:『いやぁぁぁぁ!』)

はい、これは上級者向けになりますが、
迫真の演技と笑いのセンスが大事になります。
いろんな呼びかけを試して見てください。

以上、本日は子どもがご飯を食べない時の解決策について
プチアイデアとしてお伝えさせて頂きました。

食事って楽しい時間ですよね。
笑顔でみんなで食卓を囲みましょう。

【2歳児と食事関連動画】焼肉食べ放題に行ってきました!